Works

いろり屋 Neyagawaいろり屋 Neyagawa

  • Dining Restaurant , Japanese Dining
  • Neyagawa, Osaka
  • 1998

Concept

アジアン モダニティ
“炭火焼肉工房いろり屋 寝屋川店”は大阪と京都を結ぶ、
国道18号線沿いに位置する典型的な郊外型ロードサイド店です。
「もっとおいしく」をテーマに、そして「炭火」をキーワードに、名産地から届く厳選された素材を適材適所に使用した、多彩な料理を創造しています。食に対する探究心の結晶である料理を、どんな雰囲気の中で、おいしく食べてもらうかを考え、決して空間が邪魔しないようつとめると共に、日本料理を含めた広い意味でのアジア料理を優しく包み込む、懐の深い「アジアンモダン」の空間を具現化しました。

Asian Modernity
IRORIYA neyagawa (Charcoal Korean Bar-be-Cue Shop) is located along Rt. 18, which links Osaka and Kyoto- -a typical roadside shop. With a theme of "more delicious" and with "charcoal flame" as keywords. a varied cuisine has been created using strictly-selected ingredients in the most suitable ways from famous areas of production.
Thinking about the optimum atmosphere for food, we set out to determine the most delicious ways to eat, and we strove to ensure that the space should never interfere in this. The result was an Asian Modern space, embodied with the capacity to gently encompass Asian cuisine in the broad sense- -including Japanese cuisine.

Information

いろり屋 Neyagawa

大阪府寝屋川市寝屋781-2

  • 商店建築 5月号に掲載されました。

    1999年 05月
    いろり屋 寝屋川 P121-123
    商店建築社