Works

創作料理 桟創作料理 桟

  • Japanese Dining
  • Fukushima, Osaka
  • 2001

Concept

再生と創造
大阪という街は、食に限らず、いろいろな分野で独自性を持って発展してきた街です。それが大阪の自慢でもありました。しかし、寂しいことに近頃、どこを見ても同じような創作料理店ばかりが目立つ様に感じます。こんな時代だからこそ、他店にない、ここにしかない料理とサービス、そして空間が求められているように感じます。
ここ、“桟”の料理長が作り出すのは、日本料理の正統でありながら、時代の空気でととのえた本物の創作料理です。その逸品たちが共演する舞台としての空間では、日本の古き良き建築文化の中にある知恵や工夫を伝承しながらも、ここにしかない新たな空間構築を試みてみようと、「目に映らないしきり(水平なしきりを組み合わせることで、限られた空間に奥行きと広さを生み出す)」を用い、日本文化の再生と創造を表現しました。

Revival and creation
Osaka is a place that developed in its own unique and individual way in many areas, including, but not limited to food. This uniqueness was, in a way, also Osaka's pride. It is saddening that wherever you look these days, it feels like creative cuisine restaurants are all the same. This is precisely why in these times I feel that a unique style of cuisine, service, and style that cannot be found elsewhere, is needed.
Here at Kakehashi, the fine unique dishes created by the head chef are truly authentic creative cuisine that reflect the times, while remaining true to traditional Japanese culinary fare. The interior space forms a stage on which these unique dishes perform together, and while carrying on the traditional wisdom and ingenuity found in the old and cherished styles of Japanese architecture, I have tried to construct a new type of space that cannot be found elsewhere. To do this, I have used partitions that remain out of view (by putting together low-level partitions, the limited space is given a sense of width and depth), and expressed the revival and creation of Japanese culture.

Information

創作料理 桟

大阪市北区大淀南2-7-4

  • 商店建築 11月号増刊号に掲載されました。

    2006年11月
    創作料理 桟 P32-33
    商店建築社

  • 大人の大阪に掲載されました。

    2002年 07月
    桟 P62
    商店建築社