Works

和食莎都 Shanghai和食莎都 Shanghai

  • Japanese Dining
  • Shanghai, China
  • 2008

Concept

他店舗展開を見据えたユニット開発
日本国内で217店舗を展開するサトレストランシステムズの中国初出店。
上海には、日本料理店が既にたくさんあり、その業態の店を一つはやらせることは、
私たちデザイナーにとってそこまで難しいことではないでしょう。
しかし、それではこの国でこれから多店舗展開を目指す本プロジェクトにおいて、
十分な成功とは言えません。
今後店舗づくりを繰り返していく上で発展可能なアイコンとなるようなデザインと
ブランディングを心がけていこうと「ユニット式アート」を一つのテーマとしました。
そしてもう一つのテーマは「メード イン チャイナ」。中国の素材にこだわりその力を
ふんだんに盛り込みました。
お客様が居心地良く過ごせる空気をつくり出すことはもちろん、
オーナーを成功に導くこと。そこで働く人も気持ちよく働けること。
そして、ただ料理を提供するだけではなく、食文化の一つとして、
「莎都での食事」が中国で定着することを目指したプロジェクトです。

Unit development with a view to developing other stores
Sato Restaurant Systems, which has 217 stores in Japan, opens its first store in China.
There are already many Japanese restaurants in Shanghai,
and it would not be so difficult for us designers to popularize one store in that format.
However, this is not enough success for this project,
which aims to expand the number of stores in this country.
One theme is "unit art," with the aim of designing and branding to become an icon
that can be developed in the future of repeated store creation.
And another theme is "Made in China".
We are particular about Chinese materials and incorporate that power abundantly.
Not only creating the air that customers can spend comfortably,
but also leading the owner to success. People who work there can also work comfortably.
This is a project that aims not only to provide food
but also to establish "meals in Shado" as one of the food culture in China

Information

和食莎都 Shanghai

上海市長寧区天山路789号長房国際広場5楼506単元

  • EMBODY DESIGN PROJECTS 100に掲載されました。

    2019年12月
    alpha books

MAP