Works

日下部クリニック日下部クリニック

  • Hospital/Clinic
  • Murasakino, Kyoto
  • 2004

Concept

安心と信頼をカタチにする
一般的に、クリニックという場所は、決して居心地の良い場所ではないように思います。“日下部クリニック”を計画するにあたって目指したものは、そんな通説を良い意味で裏切るように、訪れる人に心地よい「時間」を提供できる、自然体のクリニックを具現化することでした。そこで、計画地である京都という街が持っている環境としての魅力と、建物が持っているポテンシャルを引き出すような空間デザインを心掛け、緊張を解きほぐし、信頼関係が生まれやすいよう、デザインし過ぎず自然体で、安らぎに満ちた空気感を創り出しました。

Giving Shape to Security and Reliability
In general, we believe that clinics are never places of great comfort. In planning KUSAKABE CLINIC, our aim was to undercut the conventional wisdom in a positive way, and to embody a clinic that would make it possible, in a natural way, to offer a comfortable time to visitors. So, we aimed at designing a space to draw out the appeal of the environment of Kyoto, the planned location, and potential of the building, and created an airy feeling where visitor tensions could be eased and a trust relationship could be born; without going overboard in the design and by leaving things natural, an airy feeling was created filled with relaxation.

Information

日下部クリニック

京都市北区紫野南舟岡町78-6

MAP