Works

白雪ふきん白雪ふきん

  • Fashion Store , Showroom
  • Minamikidera, Nara
  • 2005

Concept

新たな伝統を構築する
奈良は、古来より「奈良晒」から始まる薄織物の産地として知られていますが、この地で、長年蚊帳生地を製造している老舗、垣谷繊維が、先人たちの織物の技術を伝承するだけでは無く、時代のニーズを感じ取り、応用発展させ完成させたのが、“白雪ふきん”です。このふきんは、日本文化の象徴である東大寺の大仏様の
「お身拭い」にも毎年献上されており、もちろん使い勝手の良さは、大仏様のお墨付きです。こんな垣谷繊維のこだわりのモノづくりの精神を、世の中に伝えていくために、ショールームとなる空間もまた、先人達が教えてくれる建築の基本を守りながらも、
壁面には木廃材を利用するなど、現代のモノづくりの過程に有る問題点と、それを価値へと転換することが出来る未来への可能性をカタチにしました。デザイナーとして、メーカーとエンドユーザーのこれからのコミュニケーションのあり方を提案し、新たな伝統を構築していくお手伝いが出来たと思います。

Building a new tradition
Beginning with Nara Sarashi. Nara has been known from ancient times as a production center of thin woven cloth. The SHIRAYUKI FUKIN (tea towel) is a product perfected by Kakitani Sen-i, an ancient traditional shop that has been making mosquito netting for many years, not just by handing down the fabric techniques of their ancestors, but also by sensing the needs of the era in applying and developing techniques. This tea towel is also presented each year as a "sacred-bib" for the Great Buddha of Todaiji, a symbol not only Nara but of Japanese culture- -and of course the Great Buddha stands behind the towel's superb usability. For a showroom space in which to pass down to the world the sprit of craftsmanship of Kakitani Sen-i, we embodied the problems inherent in the processes of modern handicraft and the future possibilities of converting such problems into value, all the while protecting the fundamentals of architecture taught us by our ancestors, by means of such things as using wood scrap materials for the wall surfaces. As a designer, I feel I was able to propose modes of future communication between maker and end user and assist in building a new tradition.

Information

白雪ふきん

奈良県奈良市南紀寺町5-85

  • iA-04に掲載されました。

    2007年 01月
    白雪ふきん、JOUR CAFE P162
    エクスナレッジ

  • 日経MJに掲載されました。

    2007年 02月
    ハッピースカル MATE-RE-INNO-ORI P20
    日本経済新聞社

MAP