Works

銀のさら・釜寅銀のさら・釜寅

  • Japanese Dining
  • Kitajima,Gifu
  • 2019

Concept

三つの事業を一つの建築空間へ
ライドオンエクスプレスの新たな試みとなるロード サイドの店舗展開にあたり、
この施設は今まで宅配ブランドとして確立されてきた両ブランドのセントラルキッチンの役割を担います。
銀のさらでは訪れる人 たちの心を掴むテイクアウトメニューを展開し、
釡寅では落ち着いたレストラン化を計り、今までにない外食産業が生まれました。
ハレの場としてもご利用いた だけるように品格の漂うデザインを心掛け、
提供するメニューと空間が双方の価値を高め合います。

One building space from three businesses
When this facility will play a role of central kitchen of both brand which have been established as a delivery brand.
Ginnosara developed takeout menu that grip the visitors, Kamatora planned calm restaurantize, and the food service industry that have never existed was born.
The menu and the space will enhance each value.
I took care of the design with dignity so as to use for a big moment.

Credit

設計:岩本 勝也+エンバディデザイン
施工:タカオ
ライティング:エル グロウ 榎並 宏
撮影:セイリョウ スタジオ 山田 誠良

Design : Katsuya Iwamoto+EMBODY DESIGN
Construction:Takao
Lighting:L・GROW Hiroshi Enami
Photography:SEIRYO STUDIO Seiryo Yamada

Information

銀のさら・釜寅

岐阜県岐阜市北島1-7-18

  • 人気店舗デザイン年鑑2020に掲載されました。

    2019年11月
    銀のさら・釜寅 P164-167
    漣桜ト桃蕾 P174-177
    alpha books

MAP