Works

鮨 小野鮨 小野

  • Japanese Dining
  • Edosaki, Ibaraki
  • 2014

Concept

人生をデザインする責任
初めて茨城県の計画地を視察した時に、竹林に囲まれたロケーションに魅せられました。都会では有り得ない敷地600坪に、建築面積80坪程の木造平屋の店舗と住宅の新築プロジェクト。それは、長年にわたり計画地近くの大通り沿いでお鮨屋さんを営む小野夫妻が、人生の集大成として挑むお仕事でした。
地域の外食に対する習慣を踏まえ、都内で計画するスタイリッシュな場ではなく、人と人がつながる、日本のプリミティブな場所を目指しました。竹林に一目惚れした僕は、日本の伝統を守りながらこのロケーションが建築や空間に生かされ、溶け込むことを考えながらデザインしていきました。地方でデザインする場合に心掛けるのは、モノや技術の「地産地消」。できる限り地元で揃うマテリアルを使い、現地の職人さんたちの技術を一つに集約するようなデザインです。そうすると、自然とその街に長く愛されるお店ができるものです。チーム茨城の力で他県にはないお店ができたと思います。結納、子供の節句などでハレの場として多くのお客様に利用して頂けているとオーナーから聞き、デザイナーとして嬉しい限りです。地元の方々にとって「鮨 小野」は、きっと特別な場所へと昇華していくはずです。

Responsibility to design the life
When I inspected the plan ground of Ibaraki for the first time, I was charmed in the location among Takebayashi. It is the new project of a store and the house of the wooden one-storied house approximately the building area 80 tsubo in the impossible site 600 tsubo in the city. It was the work that Mr. and Mrs. Ono who were along the main street close to the plan place, and ran a sushi bar challenged as the collected studies of the life for many years.
Based on a custom for the local eating out, I aimed at the Japanese primitive place where a person and a person were connected not a stylish place to plan in Tokyo. This location was kept alive in a building and the space while following a Japanese tradition, and I who fell in love with Takebayashi at first sight designed that I melted into it in spite of being a thought. Keeping it in mind when design it in a district a thing and technical "local production for local consumption." Using material to keep as much as possible in a hometown, it is a design gathering a technique of local craftsmen in one. Then a shop loved for a long time by nature and the town is done. I think that a few shop was done by power of team Ibaraki in the other prefectures. As far as I hear from an owner that you can use it to many visitors as a place of the fine weather at a betrothal present, the festival of the child and am glad as a designer. "Sushi Ono" should surely sublimate for local people to the special place.

Credit

設計:岩本 勝也+エンバディデザイン
施工:小池住建
大工:森川工務店 
電気:拓真
設備:塚本設備
造園:関川殖産園
撮影:セイリョウ スタジオ 山田 誠良

Information

鮨 小野

茨城県稲庭市江戸崎575-2

  • 商店建築 2月号に掲載されました。

    2015年 02月

    鮨 小野 P120-123

    商店建築社

  • ku:kan 創刊号に掲載されました。

    2015年 07月

    鮨 小野 P22-25

    アルファ企画

  • 人気店舗デザイン年鑑 2017に掲載されました。

    2016年10月
    鮨小野 P096-099
    Le FAVORI P026-029
    alpha books

  • DESIGNER’S FILE 2015に掲載されました。

    2015年03月

    岩本勝也+エンバディデザイン P214-215

    カラーズ

  • フジテレビの「タカトシの路線バスの旅」で鮨 小野が取材されました。

MAP