Works

麺匠 竹虎麺匠 竹虎

  • Dining Restaurant , Japanese Dining
  • Roppongi, Tokyo
  • 2010

Concept

しきりを楽しむ
眠らない街、六本木に、また新しい業態のお店を創ることができました。
麺ブームの中、東京でラーメン屋さんは、日々しのぎを削りながらこだわりのラーメンを創り出しています。
ビールや喫煙はもちろんのこと、私語も厳禁かのように、お客さんはその一杯をだまってすすり飲み干す風景をよく目にします。お客さんにとっては、ラーメン屋さんと言えども、気軽に使えないお店も増えているようです。
そんな時代の中、このラーメンダイニング麺匠竹虎は、こだわる味への探究心はそのままに、お客さんの立場に寄り添うことを大切に、六本木ならではの、様々なシーンで利用していただけるお店を目指しました。
ラーメン屋さん特有の回転率重視のゾーニングではなく、カウンターを除いて全席個室で構成し、空腹を満たすだけの箱ではなく、訪れる人のニーズに合わせ、思いのままにそれぞれの時間を楽しめるような空間を心掛けました。
また、国際色豊かなこの街の人々に向けて、店名である「竹虎」を素直にビジュアル化してアイコンとし、その味やホスピタリティへのこだわり同様に、屏風画を専門とする伝統工芸士さんにお願いして、日本人も日本画を知らない外国人もその繊細さと迫力を楽しめるよう手を抜くこと無く創り上げました。
個室を好む日本人、忍者屋敷のように楽しむ外国人。同じ間仕切り一つでも感じ方はそれぞれのようです。

Enjoy the partition
I had a chance to create a store of a new business condition in Roppongi again.
In a noodle boom, ramen shops in Tokyo are trying to create their original ramen every day.
As if not only beer and smoking but also talking are strictly forbidden, you often look the sight that customers slurp ramen without talking.
Although it is a ramen shop, the number of shops that customers can’t enter at ease is increasing.
This ramen dining taketora cherishes the customers’ viewpoint, keeping the spirit of inquiry to better taste.
I aimed for the store which you are able to use in various scene because in Roppongi.
General ramen shops attach importance to good rotation, but this time, I got rid of the existing idea. I made all of the seats unless counter seats private rooms.
I took care of the place where the customers enjoy their time not only satisfying their hunger.
I also visualized the shop name “taketora” simply and made it an icon for the international people in this city.
I concerned about it as much as the taste and hospitality and I asked Japanese traditional craftsman to draw folding screening paintings.
Not only Japanese but also foreigners who doesn’t know Japanese paintings will enjoy the delicacy and the power.
Japanese who like private rooms. Foreigners who enjoy it feeling like a ninja house. Even if the same partition, the ways of enjoying differ from person to person.

Credit

設計:岩本 勝也+エンバディデザイン
施工:ベストメンテ湘南
照明:マックスレイ 伊藤賢二
撮影:山田誠良
アイアンワーク:岸本憲和

Design : Katsuya Iwamoto+EMBODY DESIGN
Construction : Best Mainte Shonan
Lighting:MAXRAY Kenji Itou
Photography:SEIRYO STUDIO Seiryo Yamada
Iron Work : studio Anvil Norikazu Kishimoto

Information

麺匠 竹虎

東京都港区六本木3-14-14 六本木 314 ビル 1F

  • 商店建築 4月号に掲載されました。

    2011年 04月
    麺匠 竹虎 P196-199
    商店建築社

MAP