Works

JOUR deuxJOUR deux

  • Hair Salon
  • Kuzuha, Osaka
  • 2002

Concept

時代が求める日常と非日常の境界
“JOUR deux”は銀行跡という今の時代を象徴する建物をリノベーションしたプロジェクトです。銀行という機能をはたすためにつくられた建物は、どこか冷たく無機質なもので、まず私は、この建物にヘア−サロンとしての新たな命を吹き込むことをイメージして、プランに取り組みました。
立地や地域性によってヘア−サロンの業態は異なりますが、“JOUR deux”はヘア−・ネイル・カフェ・スパの4つの分野から美に焦点を当てており、お客様の多様な要望や目的に対応できる空間を目指しています。店名である「JOUR deux(やわらかな太陽の光)」からもイメージできるように、お客様の緊張をときほぐす開放的かつ日常的な空気感と、ドラマチックなゾーニングからうまれる、非日常的なシーンが交錯するようにデザインしました。

JOUR deux is a project that involves the renovation of a building that is characteristic of the modern era, one in which the remains of many banking businesses can be found. Buildings that were constructed to function as banks are somehow chillingly barren and inorganic, and my first step in working on this plan was to visualize how the new life of a hair salon could be breathed into this place. The form and structure of hair salons does depend on local and site characteristics. However, JOUR deux aims to be a place that is able to satisfy the various desires of individual customers, with a focus on beauty in its four functions as a spa, a hair salon, a nail boutique, and a cafe. I designed the space to blend a relaxing, everyday atmosphere that releases customers from their anxieties, as you can imagine given the title "JOUR deux (gentle sunlight)," with non-everyday settings created through dramatic zoning.

Information

JOUR deux

大阪府枚方市南楠葉1-6-25

  • サロンのインテリア図鑑に掲載されました。

    2005年 11月
    JOUR P94-97
    share P92-93
    女性モード社

  • 商店建築 4月号に掲載されました。

    2003年 04月
    Jour doux P143
    商店建築社

MAP