Works

REGROREGRO

  • Club
  • Yokohama, Kanagawa
  • 2012

Concept

「REGRO」は大人のための倶楽部として生まれました。
この場所との初対面は決していい感触ではありませんでした。天井が低く光が入らない、暗くて実際より狭く感じられるぐらいでした。まだ僕が美大生になりたての頃…授業の中で、ヨーロッパの住空間では天井に照明(ダウンライト)を使わないことや明かりの感じ方の違いを教わった。あれから何十年… 何度となく海外で食事や酒を楽しんで来ました。海外では暗くて、食材に火が通っているかわからない料理やワインの色艶が見えない有名店が沢山あります。でも日本の飲食空間では、料理が美しく美味しそうに見えなきゃだめ…人の振る舞いまで、美しく描き出すのがセオリーとされています。数えきれない程、デザインさせて頂いている商空間で、天井にダウンライトのない空間を、今までに何度となく試みましたが…中々実現しませんでした。「REGRO」はオーナーの理解のもと、客席はダウンライトを使わず間接だけで空間を構成することができました。これは天井高が低いと言うデメリットに、光の被写体として価値と広がりを与え、メリットへと昇華する試みです。

“REGARO” was born as a club for adults.
When I came to this place for the first time, I thought it was far from a comfortable space.
The light didn’t enter enough, because a ceiling was low. I felt more narrowly than it actually was. When I just entered art college, I learned about the light in European house space in class. For example, not using the lighting equipment on a ceiling (a down light), the difference of the way of feeling the lighting.... Some decades have passed, I enjoyed a meal and liquor abroad again and again. There are many famous restaurants, you don’t check the color and luster of cuisine and wine, because it is dark. However, in Japan a dish must seem to be delicious beautifully. It is considered to be a theory to draw also the behavior of the person beautifully. I tried to make space without the down light again and again, but it hadn’t come true. “REGARO” was able to constitute space without using the down light, thanks to owner’s understanding. Instead of using the down light, I took advantage of indirectly lighting. It is a trial to sublimate the demerit, the low of the ceiling, into the merit by giving value and an expanse as a subject of the light.

Information

REGRO

神奈川県横浜市西区南幸2-7-3

  • 商店建築4月号に掲載されました。

    2013年 04月

    REGRO P83-P85

    商店建築社

MAP