Works

ShareShare

  • Hair Salon
  • Minamisemba, Osaka
  • 2003

Concept

発想の転換
オーナーと見たその場所は、ヘアサロンとしては決して恵まれた環境とは言えない所にあった。その場所とは、オフィスビルの4階にあり、入口に辿り着くのも容易ではない上に、ミラーを多用するヘアサロンとしては西日が強く差し込む空間だった。通常、ヘアサロンでは空間を広く使うためにミラー面を壁面や窓面に配置するのが基本とされているが、“SHARE”では訪れる人とスタイリストとの関係性を整理し発想を逆転させ、窓を背にミラーを設置した。すると、それはパーテーションとなり、ウエイティングからは、視線を遮るだけでなく、大きなブックラックとして機能する。そして街行く人に、ここがヘアサロンであることをうったえかけるシャンデリアグラフィックで窓面を飾った。出来るだけデメリットをメリットに転換できるよう心掛け、様々な関係性をデザインすることで、“SHARE”はヘアサロンにとって欠かせない要素が、バランスよく美しいハーモニーを奏でる空間となった。

Reversal of ideas
The location that I went to see with the owner could not really be called the best place for a hair salon. That place was on the 4th floor of an office building, and not only was finding your way to the entrance not easy, but considering that hair salons use several mirrors, the space was also subject to fairly strong sun from the west. Usually, the basics of putting together a hair salon are that mirrors are placed against the walls or windows to keep the usable space as wide as possible. However, at SHARE, I readjusted the relationship between the stylist and the people that visit, reversing conventional ideas by positioning the mirrors so that they faced inwards. Doing this made them act as partitions, that not only blocked the view from the waiting area, but that also acted as large book racks. The windows were adorned with large chandelier graphics to appeal to the people getting around town that the place is a hair salon. By endeavoring to convert disadvantages into advantages as much as possible, and actively designing the various interrelationships, SHARE was turned into a space where the essential elements of a hair salon are woven together in beautiful and balanced harmony.

Information

Share

大阪市中央区南船場3-5-21 エスポアール4F

  • サロンのインテリア図鑑に掲載されました。

    2005年 11月
    JOUR P94-97
    share P92-93
    女性モード社

  • サロンインテリア 10坪独立!に掲載されました。

    2005年 04月
    weeds P38-40
    share P29-31
    株式会社プレアデスセンター

MAP