Works

SYU CLINICSYU CLINIC

  • Hospital/Clinic
  • Kameari, Tokyo
  • 2008

Concept

医療空間デザインの原点
私が初めてクリニックのデザインを手掛けたのが、1999年の「朱クリニック」(00年2月号)でした。ちょうどその前後から、医療の現場にもデザインの必要性が考えられるようになってきたように記憶しています。その後、朱先生とは新たな挑戦を繰り返してきました。これからの医療と空間のあり方について共に考え実行する、いわば戦友のような関係です。朱先生は、その時間の中で、統合医療の第一人者となられ、私もその空間のあり方について究めてきたつもりです。安心して医療の現場に送り出せるアロマセラピストを育成しようと、メディカルアロマセラピーの学校をつくり、また、その卒業生たちが独立開業し、彼らの知識や技術を世の中へと還元していく場をつくりと、毎回内容の濃い医療空間が創出されてきました。そして10年があっと言う間に過ぎ、最初に取り組んだ朱クリニックの増床の話が舞い込んできたのです。「ようやく空いたか」というのが私の第一声でした。
というのも朱クリニックは、テナントビルの1階に位置しますが、1フロア73坪のうち48坪でもともと開院しており、開院時から、「隣が空いたら増床しよう」という話を朱先生から聞いていました。そのため設計当時の階段から、増床しても患者の動線とスタッフの動線がスムーズに流れるゾーニングを考えていたのです。おかげで今回は、工事のためにクリニックを休むことなく、新旧の空間がつながりました。忙しいクリニックですから、温かで安らぐ空間、という当時のテーマをそのままに、待つことが苦にならないよう「しきり」を用いて柔軟性と心地良さを具現化しました。10年かけて、ようやく朱クリニックの完成です。

Information

SYU CLINIC

東京都葛飾区亀有5-26-1

MAP